2015年6月26日 (金)

完成見学会 密集地でも明るい木の家 家族のシェアハウス

6/20(日)10:00~14:00
東京都足立区
  最寄り駅:都営日暮里・舎人ライナー・高野駅より徒歩12分

お家の特徴

・生活スタイルが異なる家族が、それぞれの時間、
  のびのび暮らしを楽しめるプランニング。
・建て主さんの関心が高かった、カビや結露の問題も設計者によ  る温熱環境設計でしっかり対応。
・窓は大きく開き、通風は確保しつつも、都市型住宅の悩みの   種・プライバシーはしっかり保てるプランニング。

仕様と性能
・構造材、造作材、床材:埼玉県西川材を使用。
・リビングの八角形の大黒柱が、シンボルに。
・断熱:調湿性、吸音性にも優れるセルロースファイバー吹込み  方式で隅々まで高断熱仕様。
・内装材は漆喰や和紙による自然素材

thanks
主催:木の家だいすきの会

参加申し込み:
コウ設計工房
tel:042-971-3713(平日8:00~20:00)
fax:042-971-3704
e-mail: koupw.oosawa@nifty.com

木の家にご興味をお持ちの方、お待ちしております。

写真:外観、内観、工事中、木の家だいすきの会より

Photo_4


Photo_5


Photo_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

二世帯 木の家 見学会 @埼玉県日高市

Photo_2

手前は熱心に木の家の説明に耳を傾けるお客さん。

奥は、茶会を満喫し、すっかり溶け込む参加者のみなさん。

週末は見学会にお越しいただきありがとうございます。

お施主さんご夫婦のおもてなしに、

暑さを忘れ涼む事ができました。本当にありがとうございます。

今回の木の家の特徴。

二世帯の距離感を空間でさりげなく作り出す、

心地の良い導線計画が施されています。

また、配置計画は、周囲の環境を取り込み、

窓は絵画が飾ってあるような美しい景色が眺めることができます。

また、通風計画により、熱がこもらず、夏も涼しく過ごせます。

木を伐採しに、森に行くところから始まり、

地域の山、品質のよい西川材によって建てられた、

環境に密着した美しい、木の家です。

見学会は定期的に行っています。

参加希望の方はご連絡お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

二世帯 住まう木の家 見学会 @埼玉県日高市

Photo

4年目の住まう木の家体験。

6/20(土)10:00~

お施主さんが参加者の方にお茶を立てて下さいます。

(参加費500円)

ゆったりした二世帯の木の家です。

お家の木材、西川材を森へ伐採に行くところから家づくりが始まりました。

4年間、木の家に住んだ感想やいえづくりの経験談など、

これからお家を建てる方は、知りたい事を話せる機会です。

ご興味のあるかたはどなたでもお越し下さい。

参加申し込み:

コウ設計工房

tel:042-971-3713(平日8:00~20:00)

fax:042-971-3704

e-mail:koupw.oosawa@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

辻先生の 温熱・結露 勉強会

Photo

木の家に興味のあるお客様の間で、

結露や温熱環境が気になる方が最近は増えてきているそう。

これらの設計や計算は、お家の耐久性や快適性、省エネにも、大きく影響します。

今は、木の家を設計する際、温熱や結露計算は一般化されてきています。

熱損失不可、日射熱取得の計算結果のグラフを眺めていると、

昔話の絵本で見たような藁葺屋根お家は意外と快適だったのではないかな?

と思いました。

屋根は、断熱は厚く日射熱を遮り、アトリウムのように高い。軒が出ているので、夏季は日射を遮り、冬季は日射が取れる。

外壁は平屋で面積は小さく、開口も少ないので、熱損失も少ない。

自然と共存するのが当たり前の時代なので、

気候に合ったお家が自然にあるのは当然で、素晴らしい事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

木の家見学会 @埼玉県入間市

Photo

木の家見学会が行われました。

15年間暮らしているお家を公開して頂き、

お施主さんの思いや、家族の暮らしを聞かせて頂きました。

「子供達が小さい時から、

なんとなく家族みんなが掃除を始めて、自然と片付く習慣になっていた。

100年住むつもりです。」 

お家と家族が一体となって、年を重ねているようで、

明るく、自由で、幸せいっぱいの空間でした。

暑い日でしたが、ご家族で遠方よりお越し頂いたお客様、

関係者の方々ありがとうございます。

そして、この会の機会を下さり、

家族で迎えて頂き、音楽の演奏でみんなを楽しませて下さった、お施主さん、

本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

セルロースファイバー 木の家 見学会

Photo

日曜日はセルロースファイバーの説明会を兼ねた構造見学会を行いました。

外は暑かったにもかかわらず、室内は涼しくセルロースが早くも力を発揮していました。

お客様にはゆっくり実際の建物を体験して頂き、落ち着いた雰囲気の説明会となりました。

女性のお客様からは室内の素材やお掃除の事などの質問が多かった印象です。

よく出る質問をもとに、計画初期のお客様が気になるお話を、

できるだけ情報発信していきたいと思います。

施工者や業者の方々、設計仲間、近所の大工さんまで集まって、

木の家の発展の情報交換の場ともなりました。

見学会の機会を下さった、お施主さん、

企画をして下さった「木の家だいすきの会」ありがとうございます。

6月頃に完成見学会も開催予定です。

そちらも、是非お越し下さい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

木の家 15年前の新築 見学会

Photo_3


連休後、5月17日(日) @埼玉県入間市

建ってから15年のお家の見学会、

ちら見せです。

これから建てる方は、

気になるのは、いいところより、悪いところ?

ざっくばらんに、住んでいる人に聞けるチャンスです。

木の家に15年住んで子育てを終えたお施主さん。

愛情いっぱいの木の家がご覧いただけます。

この機会をくださった、お施主さんに感謝します。

私達はしつこい営業は一切しません。

ご興味のある方は、どなたでも、お気軽にお越しください。

見学のご予約:

コウ設計工房

tel:042-971-3713(平日8:00~20:00)

fal:042-971-3704

email:koupw.oosawa@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

カウンター材

週末は先日上棟したお客様の楽しいカウンター材選びの日でした。

私も同行させて頂きました。

飯能までご足労頂きありがとうございます。

Gs4_2


こんなにたくさん!??coldsweats01

広葉樹を扱うグリーンスマイル細田さん、

所長が木の特徴のお話をして、いい感じに落ち着きました。

Gs3

こちらは湿度と結露の実験。catface

木の家とビニールクロスのお家を比較。

木の家は結露なし!木が蒸気を吸ってくれています。

木の家はやわらかに湿度が調節されるので、

こころと体にやさしいのですね。

Gs2

玄関のてすり

六角と八角を握って、どっちにしようかな?

お施主さんのお気に入りの桜でつくりますhappy02

Gs1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

カップマルタンの休暇小屋

 

コルビュジェが晩年、モナコで、

彼の最後の場所となった海が眺望できる場所に、

妻のために設計し建てた、といわれている。

ものつくり大学の学生が現地で、詳細まで実測してきて、みんなで建てた原寸レプリカを体験させてもらいました。

とても素敵でした。

全ての「たてまえ」をとっぱらった、心地よさだけを考えて設計されているようで、まさにに裸でいれる、おやじさんでいれる場所という感じがしました。

色々なことの考えをめぐらせていたのだなと想像できました。たぶんとてもご機嫌で。

もしその日いやな事があってもすぐに忘れてしまうだろうな。

建築家が英気を養う空間は、とても繊細な光や質感を体験できる世界をつくりだしているね。

いつか本物も訪ねたいな。

Koru6

テーブルや椅子は計算されて、とても原始的でおおらかなデザイン。

Koru7

コンパクトなトイレが身体的ですごくいい。

自分で描いた絵画が落ち着く感があって楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

暖かいエコなお家 低炭素建築の話

低炭素建築という言葉は聞いたことはありますか?

地球の温暖化防止のため、建築からも炭素を排出しすぎないような国土をつくる目的で、つくられた制度です。平成24年に「都市低炭素化の促進に関する法律」という新しい法律もでき、2020年頃には標準的な新築住宅の仕様になるといわれています。

木造住宅の場合、主に断熱性能、設備関係の性能が求められ、環境への配慮がなされると同時に、建物の外皮を強化するので室内環境も安定し快適になります。

性能について語られてもピンとこないと思いますので、低炭素建築の認定を取得したお家の体験。

外気の影響を受けにくいので、冬場は暖房の効きもよくとても暖かく、夏場も涼しかったです。冷暖房費も軽減され、外皮(屋根や外壁、一階床)の性能による体感への影響のおおきさに驚きました。すごく寒い日、また夏の暑いときは、居心地がいいのか人が自然と集まってきました。

少ないエネルギーで快適な室内環境が維持される、本当に未来の家という感じがしました。

また、当事務所では低炭素建築の認定は取らない場合でも、同等の技術性能の断熱を施すように性能チェックをしています。

こんな話を聞くと、高いのでは?とお金の事が心配になるかもしれません。ひとつの例ですが、予定より35坪小さいお家にして地球のためにお家の性能を上げてみてはいかかでしょうか?

国が推進している制度なので、税金の控除等もあり、これから新築をお考えの方は、ぜひお勧めです。

Te1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«保証について